MESSAGE

メッセージ

MESSAGE

01

FROM MANAGER

部長:春名 幸一

鉄道マンでありながらラガーマンであることの『誇り』
限られた時間の中で限界に挑戦する『チャレンジ精神』
仲間のために自己犠牲を厭わない『チーム愛』
こんな熱いスピリットを持つ選手達。
普段は駅員、乗務員、線路・車両等の保守係員として、社会インフラである鉄道の維持、運営を支えています。
気骨のある鉄道マンが職場の期待を背に『レイラーズ』としてアマチュアラグビーの最高峰に挑みます。
ゴールラインを背にしたタックル、トライを狙った正面突破・・・
皆さまの熱い声援が大きな力となります。応援よろしくお願いします。

MESSAGE

02

FROM COACH

監督:藤原 正雄

当たり前のように選手全員で毎日練習し、当たり前のように練習後は必要な休養をとり、当たり前のようにミーティングを重ねて戦術の理解を深め、ゲームに挑む。
切符の発売や電車の乗務員、車両や線路の保守、それらを間接的に支える仕事など、昼夜問わず仕事をする我々にとって、それらは当たり前ではありません。今期のチーム目標は、トップウエストリーグ優勝です。目標達成に向けては、限られた練習機会で確実にレベルアップすることが求められますが、今期は例年より早期にチームをスタートし、選手がひとつづつ課題をクリアし、毎週成長を続けています。監督として選手を見守っていると、何度も苦しみを乗り越えて強くなろうと努力する選手の姿に、感動すら覚えます。
また、練習機会が限られるぶん、選手が高いレベルで自立して、オフグランドにおいても、プロ選手以上にラグビーを考え、トレーニングに励むことが求められます。心技体すべて成長した先に、目標達成があると考えています。我々は決して限界を決めません。
我々は進化を諦めません。是非、グランドに足を運んでいただき、背景を含めてレイラーズの試合を観戦していただければ幸いです。

MESSAGE

03

FROM CAPTAIN

キャプテン:木村 昴幸

レイラーズへのご声援ありがとうございます。
2017年度キャプテンを務めさせていただくことになりました木村昴幸です。昨年は、トップウエストリーグ4位という悔しい結果でシーズンを終えましたが、チームとして成長できたシーズンとなりました。
今年は『DETAILS』をスローガンに取り組んでいます。
これは「細かいスキルにこだわってやりきる」という意思を籠めて決めました。なので、今年はチーム全員で細かいところまで指摘し合い、チームとして成長したいと思っています。
個人としては、キャプテンとしてチームの先頭に立ち、チームを引っ張り、トップウエストリーグ優勝という目標を達成させたいと思っています。毎試合、見に来てくださった方になにか熱い気持ちが伝わるような試合をしようと思っていますので、
ぜひ会場に来ていただければ嬉しいです。
みなさまの熱い応援をお待ちしております。
よろしくお願いします!

TEAM & PLAYERS