BLOG

レイラーズ・ブログ

REPORT

【GameReport vol3】今シーズン初の練習試合!! 2016.05.29

いつもレイラーズを応援いただき、ありがとうございます!

5/28(土)、藤原HC体制となり、初の練習試合を中国電力様、三菱自動車京都レッドエボリューションズ様(以下、三菱レッド)を鷹取グラウンドにお招きして行いました。
2月から身体作りや、強度の高い練習に取り組んできたメンバー達、試合前には「その成果を早く発揮したい!」と、うずうずしている様子が伝わってきます。
それぞれの出場メンバーは次のとおりです。
【vs三菱レッド】
1桃尾→森岡
2河野→上田※
3折目→間原
4澤村→田中
5正井→赤坂
6鄭→高岸(拓)
7田中→澤村
8後藤(友)
9橋野→安田※
10西村
11豊川
12野上
13高岸(亮)
14安田※→橋野
15岩出
【vs中国電力】
1張→桃尾→後藤(義)※
2安井→河野→上田※
3折目→間原→張
4真田
5古賀→中島
6北川
7榮長
8中村(優)
9細井→高橋
10宮川
11中村(高)
12藤崎
13木村
14山中
15原※
「※」は新人
 
◎vs三菱レッド
立ち上がり早々に、相手に先制トライを許す等、ゆっくりした立ち上がり、全体としては悪くない中、少しずつテンポを産むプレーが出てきます。
{524F49F9-9A84-4890-B830-65C289B8DA98}

※この日、初のNO8.初のゲームリーダーを任された後藤(友)は、攻守にわたって活躍!ハイボールキャッチ(写真)でも、チームに勢いを与えた

{614A263E-A816-44D6-A8E8-5956B86A492F}

※こちらも、「FBデビュー」となった岩出。経験不足をコミュニケーションでカバーすべく、後方からの大きな声と、積極的なカウンターアタックが印象的であった

1トライ相手にリードを与えながら、前半終了
迎えた後半は、前半と変わって、点の取り合いとなります。
{5DA4872B-C1AC-4277-A260-CCAE4BD905ED}

※タックルに存在感を発揮した高岸(拓)は、2トライをマーク、成長を感じさせるプレーを見せた

{15508EFD-4DF0-442E-B07F-3C2DB5A4F7CD}

※相手のトライ後のキックオフで、激しいプレッシャーをかける田中、相手に渡りかけた主導権を引き戻すベテランらしいプレーである

{6EAAD1F2-7EB4-427D-8960-F89B54F6E097}

※キックオフから、レイラーズらしい繋ぎであげたノーホイッスルトライ(キックオフからプレーが切れる事なく繋がったトライ)は、野上がフィニッシュ!この日2トライをあげ、点取り屋をアピールした

最終スコアは、19-29でレイラーズの勝利!
全体として、前に出るタックルに成長が見られました。積年の課題であるセットプレー(スクラム、ラインアウト)や、ブレイクダウン(ボール争奪戦)の激しさに磨きがかかれば、更に楽な展開になると感じました。
◎vs中国電力
1戦目とはうってかわり、立ち上がりからアグレッシブに攻めるレイラーズ、開始早々に先制トライをあげます。
{CB1DAFA1-6106-417B-AAC3-FCBC648020EC}

※この日インサイドセンターで先発した『最強DNA』藤崎、木村とのコンビは高いポテンシャルを感じさせた。

1戦目もよかったタックルに加え、相手モールにも的確に対応し、一進一退が続きます。
{2FFA4002-0796-4C31-8E69-9A531D280E7D}

※張と後藤(義)のダブルタックルで、相手の前進を阻む!

前半を終え、5-12
後半も雨の中、両チーム共に身体を張ったいい展開が続きます。
{3804A1E8-6EE0-4AD5-AFFD-97C7BD87344A}

※NO8中村(優)は、この1年で唯一無二の存在に成長!この日もワンランク上のプレーでチームを引っ張った

そして、この日特筆すべき局面が、後半に訪れました。
相手陣で得たペナルティ
レイラーズが選んだオプションは
「スクラム」
{637D43FE-EF71-451C-8319-3A548CDDE8F6}

 

そして、スクラムを押し勝ってからの、NO8中村のトライ!!
ここ近年見られなかった局面です。
2月からの積み上げ、自信、そして若手とベテランの融合…レイラーズの進化を感じさせるシーンでした。
しかしながら、最終スコアは、24-26で敗退
初戦を連勝で飾る事は出来ませんでした
全体としては、身体の大きな相手に収穫の多い試合であったものの、こういったクロスゲームを制するには、
1つの『タックル』
1つの『パス』
1つの『キック』
といった個人の『責任』を果たす事が重要であるという事…更に個人の技術を磨き上げが必須といえます。
それを感じた数名の選手の姿を、試合後のウエイトルームで見る事が出来ました。
まだまだシーズンは続きます。
そして、まだまだレイラーズは強くなります。
最後まで、お読みいただきありがとうございました!
follwout!!RAILER
S!!!

—–

SHARE THIS