BLOG

レイラーズ・ブログ

REPORT

【GameReport】vsJR九州サンダース 2014.07.15

いつも応援いただきありがとうございます。春シーズンを締めくくる試合、JR九州サンダースとの定期戦が行われました。

今までの努力が勝利という結果に結びついていないという現状、相手は同じような環境で仕事とラグビーを両立しているチーム、そしてメンバーが纏うのは『海碧』のファーストジャージ…春シーズン1番の気持ちと準備をもって、試合に挑みます。
開始早々、レイラーズペースで試合は進みます。
{84E91CC5-499B-41CC-8646-CCE137616BB7:01}

※この日先発したFL竹中、判断よくキックで攻め上がる!

そしてこのプレーから…
{0F29C7EC-BF78-41D1-A112-CD9D264374C5:01}

※CTB高岸が、先制トライ!ゴールも決まり、レイラーズが7-0とリードします。

その後もアグレッシブなプレーが続きますが、湿度の高いコンディションのせいか、いつも以上にボールが手につきません。
{29ECF813-060A-401F-BECC-45273E595886:01}

※この日もレイラーズのアグレッシブの『象徴』となったCTB藤原(背番号13の選手)のハイパンキャッチ!

前半は相手にもワントライ奪われ、7-7の同点で折り返します。
迎えた後半、最初の『10分』を制したいレイラーズですが、逆に5分、7分と連続でトライを挙げられてしまいます。
{34FB5DA9-37F3-4FEE-A725-73FBC45AD4AB:01}

※後半もパワフルに突破を試みる高岸であったが…

その後、選手交代で流れを変えようとするも、ペースを奪い返すことが出来ず、残念ながら7-27で敗退しました。
{2766E0AD-91FC-49FB-981D-AF9F3FF8E438:01}

※後半から投入された橋野、強気のゲームリードも流れを変えるに至らず…

春シーズン、地道に取り組んできたことが間違いじゃないということを証明する為に必要だった勝利という結果…
うなだれる選手、色々な思いが交錯するなか、キャプテン榮長が絞り出すようにいった言葉…
『もっと練習しよう、俺たちは弱いんだから…』
リーグ戦開幕まで、あと3ヶ月。
要は『やるか』『やらないか』
この3ヶ月を『如何にすごすか』
今のレイラーズにあるのは『俺たちはできる』って思い…それがある以上、チャレンジするしかないのです。
レイラーズ史上、最も熱い夏を乗り越えて、秋には笑う為に…
{0F58BC3E-FA0C-4DC8-8E38-08AE3CECD8D4:01}

※この日フル出場を果たした新人坂井、スクラムの柱として更なる期待がかかる!

—–

SHARE THIS