BLOG

レイラーズ・ブログ

REPORT

【GameReport】vsHondaHEAT 〜courage(勇気)〜 2014.11.10

11/8に瑞穂ラグビー場で行われたHondaHEATとの1戦、力の差はわかっていたつもりだが、レイラーズにとっては酷な結果となってしまった。

最終スコアは『10-108(前半3-49)』…
確かに怪我人も多い、だか試合を迎える雰囲気は悪くなかった。しかし、こんな結果になってしまったということは、今の時点では如何ともし難い力の差を受け止めざるを得ない結果であった。

 

しかし

 

男達は『勇敢』だった
{C456B790-8585-4E16-94CC-60198C02F3D5:01}

※攻守ともに体を貼り続けた6上田

{66979C7B-C7D2-46AA-88DC-A96EA867EC0A:01}

※外国人選手にも臆せず突き刺さり、そして倒した4古賀のタックル

{FA5B8173-CB1F-4020-B4FD-9E229EADB8C2:01}

※キャプテン榮長は、この日も先頭に立ってチームを引っ張った。

{5E3D9603-88A1-49BD-BB2D-9B3F51E0A145:01}

※この日、アウトサイドセンターとして出場した13木村、相手の厚い壁に阻まれるシーンも多かったが、何度となくチャレンジした。

{67E361A5-233B-4463-9A26-1FD2DA28AE4C:01}

※写真はファン提供

{EFB241A7-5DD6-4B4E-A4F1-FC9E221081C1:01}

※この日、両チームにおいて、『1番低いタックル』で応戦した12橋本は、攻撃においても1G1PGを決めて、『1トライ=5点』の働きを見せた。

 

そして、やはりこの男は狙っていた。

 

{0F0F7FF1-E1F9-479D-8789-6539C7786177:01}

 

{AAA770F4-5C6D-4807-A1F9-A67F95A0922C:01}

※写真はいずれもファン提供

 

今季未だノートライであった14山中がインターセプトから、トライをゲット!

 

大阪から駆けつけた熱心なファンが、あの大阪を象徴する『あの名曲』のメロディーに合わせて、『やっぱ、トライやね~ん!』と叫んでしまう程、待ち焦がれたトライであった。

 

結果的には完敗であったものの、ボールを保持して、積極的に攻撃すれば、前に出れる部分も多くあり、そうする事で、いいリズムも生まれる。先制点となったPGの場面は、まさにその象徴だと言える。
要は、如何に一人ひとりがミスを恐れず『勇気』を持って攻め込めるかが、次節の勝利にかかっているということである。

 

試合終了後、小島ヘッドコーチから来年度のリーグ編成変更に伴い、『今年度、入れ替え戦は実施しない』旨が伝えられた。ということは次節11/30が、今シーズンラストゲームとなる。
相手は大阪府警…前回は大敗したが、春にはあと一歩まで追い込んだ相手、ミスを少なく、直向きに、前に、『勇気をもって』攻め込むことで、必ず勝機は訪れる!

 

聖地花園で…最後は笑えるように。

 

トップウエストAリーグ最終節vs大阪府警は、花園ラグビー場にて、11/30(日)12:00キックオフです!

 

今シーズンラストゲーム、応援よろしくお願いします!!

 

—–

SHARE THIS