BLOG

レイラーズ・ブログ

BLOG

【GameReport】vs ユニチカ 〜オワリハジマリ〜 2013.12.08

2013年12月7日、快晴、師走とは思えない陽気の中、その試合は行われようとしていた。
『入替戦』‥‥それはまさに『all or noting』‥‥敗北は即、降格を意味する絶対に負けられない戦い、たった1点でも相手を上回ることが至上命題である。
挑戦者であり続けること、そして、まず『最初の10分間』を征すること、チームの代表22名は、いつも以上に強い気持ちで、ピッチに立った。
開始早々のキックオフ、4真田の好キャッチから、相手陣での時間が続く。
10分には、モールから1間原が、程なくして12野上が、連続トライをあげ、12対0とする。
{32A1674F-85EF-4161-A92F-93123A92413E:01}

※ゴール前のモールから、間原がトライ

{721CBE84-1F6C-4D2F-A47E-032AE7CB052D:01}

※スピードで相手を振り切る『プリンス』12野上、このプレーがトライにつながる。

しかし、今一つテンポの上がらないレイラーズ、その後、得点をあげることが出来ず、相手にワントライワンゴールを返され、前半を折り返す。
ハーフタイムの表情もなぜか硬さが見える‥‥これが入替戦のプレッシャーなのか?リードしているのにも関わらず‥‥
一抹の不安を感じながら迎えた後半早々、その不安が相手の逆転トライという形で的中してしまう(ゴールも成功し、12対14)。
その後、レイラーズは攻め込むも、リズムがつかめず、なかなか得点につながらない。いつもより時計が進むのが早く感じる‥‥不安が焦りに変わっていく‥‥
『コウカク』
あってはならないその四文字を打ち消したのは『近大トリオ』だった。
後半途中から投入された21高橋は、焦りが見えるレイラーズを冷静且つ的確にコントロールし、FW周辺をしつこく攻める。そして、ディフェンスが手薄になった左サイドで待ち構えていたのは、ルーキー1間原、この日2本目のトライは、値千金の再逆転トライであった。
そして、そのトライのコンバージョンキックを蹴るのは15橋本、難しい角度を今季1番の集中力で決め、貴重な2点を追加した。
近畿大学ラグビー部時代に降格と昇格の両方を経験している橋本と高橋、入替戦の本当の怖さを知っている男達の活躍で、点差を19対14とした。
{DD55175C-6BA1-4CF6-B9B8-8A1C151E065C:01}

※途中出場の21高橋の状況判断、パスさばきはチームに落ち着きを与えた。

{D6817F30-87F3-4DB0-8A49-E02F346E454C:01}

※値千金!1間原の逆転トライ

{2F7166C4-8DDA-40F7-A6AD-05D7EB018F51:01}

※こちらも途中出場の22高岸、パワフルな縦への突進はチームにリズムを生んだ。

再逆転からの残り10分、とにかく守り切る気持ちで、一丸となり、相手に刺さり続ける。『来年も、絶対にAリーグでチャレンジする!』‥‥その気持ちだけで‥‥
そしてノーサイドの笛、得点は19対14
レイラーズ、Aリーグ残留決定。
ノーサイドの笛と同時に、キャプテン藤本の嗚咽が聞こえた。それが表すように、本当に、本当に苦しんで掴んだ勝利であった。
反省は多分にある、Aリーグ復帰後、勝点を挙げれていないという厳しい事実もある。しかし、このタフだったシーズンを何とか乗り切り、最後を勝利で終えれたということを純粋に喜ぼう。
これでシーズンは、全て終了。でも、シーズンの終わりは、新たなシーズンの始まりでもある。
『オワリハジマリ』
レイラーズの次のチャレンジは、もうここから始まっている。
{F217A9B4-61F1-4C91-A635-916B9BE32F20:01}

※この日、パワフルなランを何度となく見せた14木村、来季への更なる活躍が期待される。

{C6AAD697-743D-4765-9AE5-A3432BD1AE31:01}
※応援本当にありがとうございました!!

—–

SHARE THIS