BLOG

レイラーズ・ブログ

REPORT

【followout vol7】vsJR九州サンダース 2015.07.14

いつも、応援いただきましてありがとうございます!オープン戦も最終節、JR九州サンダースとの定期戦を迎えました。今年は、例年以上にタフな春シーズンを過ごし、上手くいったこと、それでも上手くいかなかったこと、新たに見えてきた課題、たくさんのことが見えてきました。

その一つひとつを消化し、前に進む為に、この試合に勝つと負けるでは大きな違いがあります。
メンバーに選ばれた24名が纏(まと)うのは、ファーストジャージという『責任』、選ばれた24名は次のとおりです。
◯出場メンバー
1. 張
2. 安井
3. 坂井
4. 真田
5. 中島
6. 上田
7. 後藤
8. 榮長
9. 細井
10. 西村
11. 中村高大
12. 高岸亮太
13. 藤原
14. 山中
15. 野上
16. 河野
17. 間原
18. 桃尾
19. 古賀
20. 田中
21. 高橋
22. 宮川
23. 藤本
24. 岩出
{F2E85A6E-EE18-47E7-BFF3-00FAB7F49934:01}

※榮長の『followout! Railers‼︎』の掛け声で、ピッチに散りました。


前半戦、反則がかさみ、自陣での時間が続きますが、随所にいいプレーが見られます。
{CE0A12EF-A93A-4698-AF06-509A2518D114:01}

※前節、マツダ戦での反省であったゴール前のモールは大きな改善が見られ、ボール奪取する場面も。

{9F4D925D-CFEC-4A90-B9C8-B9FB9658F362:01}

※自陣でのディフェンス→相手のミスを誘発→マイボール奪取という流れが生まれ、徐々に敵陣での時間が増えていきます。

{39DD575C-660E-4C4E-B59D-031714D3DAFE:01}

※もはや『ダイナミック』なんて言葉では言い表せない程の藤原のスーパーキャッチ

{2671DF74-013A-4321-9BA4-E4926E1A960E:01}

※ゲームメーカー西村が『狙っていた』という左サイドにキックパス一閃、それを好捕した中村が相手に倒されるも、インゴールにグラウディング!先制トライはレイラーズ!…しかし、レフェリーの判定は『ノットリリース ザ ボール』!


皆、一様に天を仰ぎます。

しかし、スリッピーなコンディションの中、辛抱強く、集中力高くプレーを続けます。

{C6074F61-1BFE-4D9B-990D-19C46A3B649B:01}

{2AD505D8-B8F0-4A9A-B707-9073ECEBA279:01}

※キャプテン榮長は、攻守に奮闘します。


{8F128E6A-80A6-4608-976E-4104E6FD1966:01}

しかし、試合開始前から降り続く雨が次第に強くなり、0-0で前半終了したところで雷も、選手の安全を第一に、と両チーム間で協議をした結果、ラグビーでは珍しい『降雨ノーゲーム』となりました。

出場メンバーは『最後までやりたかった…』リザーブメンバーは『出たかった…』と悔しそうな表情、その表情が表すように、後半にも期待が持てる試合内容でした。そして、その試合を支えたのは、豪雨の中、水を運び、ボールを拾ったメンバー外の選手の姿があったことを忘れてはいけません。
この試合のように、全員が『辛抱強く』『集中し』且つ『夢中に』ラグビーを楽しむ…その姿をリーグ戦で見せることが出来れば、きっと目標には届くはずです。

これから少しの休息を挟み、更に暑い夏を迎えます。この夏を如何に熱くfollowout(やりきる)ことが出来るか、勝負はこれからです。

◯試合結果
※雷雨の為、両者協議によるノーゲーム
(前半0-0)
※定期戦実施に際しまして、JR九州サンダースの皆様に大変お世話になりました。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。







—–

SHARE THIS