BLOG

レイラーズ・ブログ

REPORT

【followout vol3】vs三菱自工京都レッドエボリューションズ 2015.06.10

いつも応援ありがとうございます。

オープン戦第3節、vs三菱自工京都レッドエボリューションズとの試合結果をお知らせします。
◯出場メンバー
1 桃尾
2 安井
3 張
4 栄長
5 田中
6 上田
7 後藤
8 中村優
9 橋野
10西村
11岩出
12神田
13藤原
14木村
15藤本
(リザーブ)
間原
河野
井上
坂井

古賀
北川
澤村
高橋
中村高
清原
高岸亮
まずは前半
{F0107F11-AE7D-46B8-A388-9F77E0EAD3C3:01}

榮長!

{D035919A-134A-4346-A63D-B6B1A3D94A06:01}

張!

{487A0C63-EA1E-4C85-A9E9-CF08FF5991A0:01}

中村優!

{695D7B0E-3A91-44D6-BD40-023E9E787D70:01}

神田!

彼らを中心に、激しく前に出て、攻撃の流れを作ります!
2分、8分と順調にトライを重ねる中、27分に藤本→西村→榮長→田中→木村とつながったトライは、まさに『個が流れを生み、組織で仕留める』と言うべき素晴らしいトライでした。
{EB5FCFBE-2C16-4E4F-AB31-1F3121D86FD3:01}

攻撃のタクトを振った西村は、パス、キックを駆使し、相手の『嫌なところ』にボールを運び続けました。


また、守っては低いプレーで、相手のボールアウトを阻んだ後藤、長い距離をバッキングアップし、トライを阻んだ藤本の活躍もあり、前半を完封で折り返します。
{E0C493A9-32E6-4910-A47E-0A6E788F303E:01}

攻守に安定感を見せる『最後の砦』藤本


迎えた後半、大きくメンバーを入れ替える中、レギュラー争いに必死なメンバーがアグレッシブにアピールします。
{C7A60671-B6FE-423F-AAF2-0CB1C01CADC9:01}

間原(中央)井上(左)も、持ち味を活かし、アピール!

{B393C700-BE94-4D81-91BB-F392022D0A03:01}

北川も、激しいコンタクトで存在感を発揮しします!


後半の3トライ全てを(45分→康、53分→河野、80分→高岸亮)を後半から出場のメンバーがあげたということも、無関係ではないでしょう。
それ以外にも、がむしゃらにタックルを繰り返す清原や高岸亮の姿が印象的でした。

最終スコアは39-5、いい展開だけに1トライを取られたことが悔やまれます。
一方で、個で前に出れることが出来れば、これだけの点数が取れるということ、そしてボールを保持し続けることが出来れば、これだけの失点に抑えることが出来るということもわかりました。組織力の向上も去ることながら、如何に『個の力を向上させる』ことが出来るか、それがシーズンに向けたポイントになると言えます。

今シーズン取り組んでいる例年以上に厳しいハードなコンタクト練習は、スキルやフィジカルの向上だけではなく、チーム内に『競争意識』をもたらします。『こいつには負けたくない』という気概を感じさせたプレーを見せた選手がいたことも、この試合の収穫といえます。

{6C5DD323-EB43-495D-9E02-03A89474B5E2:01}

試合終了後は、社内のレイラーズファンを対象にした『タグラグビー教室』を行いました!!


最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

followout!Railers!!



—–

SHARE THIS